ccネットドコモ光<一番お得な契約方法>

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

これからドコモ光を使おうか悩んでいる人は、せっかくなら回線が速くて安定していて実質月額料金が安いところを選び抜きましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

ドコモ光のプロバイダーの中で、月額料金の安さや、キャッシュバックの高額さ、オプションの豊富さなどあらゆる切り口から多角的に分析していきたいと思います。

キャッシュバックの額だけにつられて、結局申請が面倒で受け取れなかったということにならないように、当サイトの情報を参考にしてください。

ドコモ光の一番おすすめプロバイダはどこ?

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

ちなみに、ドコモ光と契約するときはプロバイダではなくて代理店から契約するのはやめておきましょう。

なぜ代理店がおすすめできないのかというと、キャッシュバックまでの時間が半年とか1年とかそういうレベルだからです。

詳しいことは当サイトを流し読みでもしてもらえればと思います。

ドコモ光にGMOとくとくBBから申し込みを検討しているという人は、次のページから申し込めば簡単にキャッシュバック申請を完了することができます。

プロバイダ選びをやることによって具体的に何のメリットがあるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光ファイバ自体はドコモ光だったとしても、プロバイダを変えることによって以下のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックの金額やオプションの要不要、Wi-Fi端末が無料かどうか、回線速度の安定性。

どこをどういう風に選んでいけばいいのか検証していきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

そもそもとしてドコモ光はどこのプロバイダで契約するかによって月額料金が違ってきます。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実は上記のタイプの違いというのは、プロバイダ各社とドコモがどういう契約をしているかによるだけなのです。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

タイプAとタイプB以外のタイプもありますが、さらに高いタイプになるのでそういったプロバイダはおすすめできません。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

ドコモ光は最高速度が1Gbpsとなっています。ですが、これは理論値での最高速度に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記のようにドコモ光はプロバイダ各社によって50Mbpsくらい違ってきます。

なぜこういった違いが生まれるのかというと、最新規格に準拠しているプロバイダかどうかなんです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 ルーターが無料かどうか

他には、ルーターが無料でレンタルできるプロバイダかどうかをチェックしましょう。

現在はほとんどの人がスマホでフリースポットのWi-Fiなどを使っていると思います。

Wi-Fiを飛ばしているルーターを自分で要しなければいけないところと、プロバイダ側から無償で貸し出してくれるところがあるんです。

Wi-Fi端末を無料で貸し出してくれるプロバイダには次のようなものがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

一例として、ドコモネットは端末レンタルで毎月の月額料金に300円が加算されます。

さらにいうと、端末は種類が非常に多くて、性能の悪いものを選んでしまったりすると、接続が安定しなかったりします。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックが高いかどうか

選び方の4つめのコツとしては、キャッシュバックキャンペーンをやっているかどうかです。

キャッシュバックを比較してみたところ、以下のようなプロバイダがキャッシュバックをしています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これらのプロバイダ以外でキャッシュバックはやっていないのでもらうことはできません。

プロバイダ各社どこを選んだとしても、ドコモ光の月額料金基本プランや最高速度などは違いがありません。なので、一番得するところを選びましょう!

なお、どこのプロバイダから契約したとしても、工事費無料キャンペーンは適用してもらえるので、そういった点では安心ですね。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべての条件を満たしているのが「GMOとくとくBB」になります。安いタイプの料金で、回線速度も速くて安定していて、キャッシュバックも高額です!

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

インターネット環境をせっかく整えるのであるならば、回線速度が速いほうがいいに決まってますよね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

ドコモ光のプロバイダの中で一番最強なのは、回線の速度が速くてキャンペーンなども豊富に行っている「GMOとくとくBB」です。

スマホやパソコンやゲーム機でWi-Fiを使いたい人も、最新機種のルーター端末を無料で貸し出してくれるので、おすすめです!

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBの実際の具体的なメリットとは

メリット1 回線安定度やスピードの評判がいい!

GMOとくとくBBでは、実際のお客さんの回線スピードを毎月公開していて、最近のでいうとダウンロードスピードが平均で約340mpbsくらい、アップロードスピードが平均で300Mbpsくらいとなっています。

GMOとくとくBB以外のプロバイダを見てみると、ここまでリアルな数値を後悔していないので、GMOとくとくBBは相当な自信があるということが見てうかがえますね。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

なぜこんなにも回線速度が速いのかをGMOに聞いてみたところ、設備投資をかなり投資資金を上げているとのことです。

GMOとくとくBBの回線速度はネットだけに限ったことではありません。PS4やスイッチなども快適に使いこなせているという口コミも多数見受けられます。

おうち時間が増えている昨今では、快適なインターネット環境というものがとても大切になってきているので、できる限り早いプロバイダが欠かせません。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

さらに、この端末をGMOで初期設定を終わらせてくれているので、家に届いたらUSBを接続してすぐに使うことができるという優れものです。

パソコンの設定などに詳しくないという人は、このサービスはとてもありがたいと思います。

工事の日程が決定すると、電話でルーターレンタル手続きの案内がかかってきます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すると、オプションを一切つけずに2万円の現金をもらうことができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBのデメリットとは?

デメリット1 速度が遅くなることもある

回線が高速だといわれているGMOとくとくBBですが、どうしても遅くなってしまうタイミングも存在します。

固定回線だけではなくて、モバイルルーターなども、自宅の周辺環境などに大きく影響を受けるので、ある程度の理論値はわかっても、本当の実測値というのは使ってみるまでわからないものです。もちろん不具合ないスピードは保証されています。

とはいっても、せっかく光回線を導入したわけですから、なるべく遅かったり不安定なのは避けたいですよね。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

v6プラスがチェックできるサイトで確認してみて、v6プラス接続になっているのにもかかわらず、回線速度が不安定な場合は、ルーターの電源を切ってから入れ直してみるというのもおすすめです。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

ですが、このキャッシュバックの案内メールが届くのは、いつも自分が使っているメールではなく、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになります。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

なので、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請通知メールが4ヶ月後に来るということをスマホのスケジュールなどにいれておいて忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

プロバイダだけを変更する手順

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

もし自分の自宅にドコモ光のプロバイダが合っていないと判断したら次の手順で変更ができます。

1,ショップやお客様センターに電話をする

2,変更の書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

ドコモ光のプロバイダを変更すると手数料が約3000円くらいかかってしまいます。この手数料は翌月に月額費用とともに請求されます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダでキャンペーンが豊富で一番得するプロバイダを選び抜きましょう。

そもそもドコモ光はプロバイダを選び間違えると数万円も損したり得したりします。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダについて網羅できるだけではなく、一番得するGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方や細かいキャンペーンも知ってもらうことができると思います。

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント!

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

ですが、ポイントを見極める前にプロバイダとはなんぞやという基礎的なことについて解説しておきたいと思います。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

プロバイダは光回線とセットになっているものがほとんどとなっていますが、プランによっては別々で契約できるものもあります。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときにセットで申し込めるプロバイダにはいくつかあって、有名どころでいうと、GMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、などがあります。

プロバイダ各社によって割引額などが大幅に違うので、選ぶ時は厳選して、本当に得するようなところを選びましょう。

ポイント1 現金キャッシュバック

ドコモ光のサイトやショップなどではなくて、プロバイダのキャンペーンサイトからドコモ光を契約することによって、いろいろな特典を受け取ることができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 毎月の料金が安いかどうか

ドコモ光ではプロバイダを自分の意志で選択することができますが、毎月支払う基本料金はいくつかに分かれており、中でもタイプAのものを選びましょう。

タイプAの方が安いからなんか質が悪いんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいますが、実はこれはプロバイダとドコモとの契約料の違いなので、質自体には何の違いもありません。

なお、AタイプとBタイプ以外にも、単独タイプと呼ばれているプロバイダがないプランだと、基本料金が安くなる代わりにプロバイダを別で契約する必要があります。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

光回線をルーターに接続すると、家の中ならどこでもネットに接続することができるので、無料で端末を貸し出しているところを選択しましょう。

プロバイダの中には超高性能な高額な端末を無料でもらえるところもあるので、Wi-Fiルーターをすでにもっているという人でも、さらにバージョンアップされた機種を手に入れる機械なのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

ドコモ光のプロバイダによっては無料のオプションとしてウイルスソフトを使えるところもあります。

無料でウイルス対策ソフトを使えるのは1年くらいなので、こういう対策を万全にしておけば快適な光回線が使えると思います。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光のダウンロードの最高速度は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると十分の一くらいになってしまうことも十分あり得ます。

そもそもネット環境というのは、その地域ごとに基地局がありますが、エリアごとにプロバイダの設備があります。

なお、エリアごとに設置された利用者が多いほど混雑して回線が不安定になったりします。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

ここまでで、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツをすべて解説してきましたが、すべて満たしている当サイトイチオシのプロバイダが「GMOとくとくBB」なので、ぜひ検討してみてください!

ズバリ!一番お得なプロバイダはここ!

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

エリア内で光回線が混雑しているとたまに遅くなったりしますが、そういった心配が少ない接続方式です。

v6プラスの接続をしているプロバイダの口コミで遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの快適性となっております。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

GMOとくとくBBにいたっては、さらになんと無料でもらえるWi-Fiルーター端末があります。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

GMOとくとくBBで無料でもらえるWi-Fiルーターの端末がどれくらい最高速度が出るのかを表したものが下記の一覧表となっています。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧を見てみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーターが他のプロバイダのものよりダントツで早いですね。

すべての端末で2つの帯域を使用することが可能ですが、それぞれの帯域で最高速度が違っていて、その速度が価格に反映されています。最高速度が出る方が効果になっています。

v6プラスの光回線という恵まれた通信環境を最大限に発揮するためには、Wi-Fiルーターは少しでもハイクオリティーのハイスピードのものを使いましょう。

最先端の超高速端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりもすばらしいプロバイダだといえますね。

キャンペーンや実質月額面でもナンバーワンですが、こういったところでもダントツですごいGMOとくとくBBが最強のプロバイダだと思います!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBならオプションをつける必要なしで2万円と、ドコモ光のプロバイダで最高峰の現金をもらえるほか、以下のような特典ももらうことができます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上記のようなメリットが盛りだくさんなので、光回線の導入を検討している人にはおすすめです。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

ドコモ光の契約期間が2年間だとして、最初にもらえるキャッシュバックの金額を総額から引いてみると実質月額料金がかなり安くなる計算になります。

一軒家の場合だったらドコモ光を公式サイトから契約したら月額4300円、GMOとくとくBBだったら3800円くらいとなります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、圧倒的に高速通信ができるv6プラスに対応している接続方式で、ハイスペックなルーター端末を貸し出してくれるのでおすすめです。

GMOとくとくBBの場合は、通信速度が速いという口コミが多くて、100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントをもらえるというサービスも実施しています。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を使っている利用者の方であるならば、プロバイダの変更について考えている人もいるかもしれませんね。

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更の際の注意点やステップなどについて順を追って解説していきたいと思います。

プロバイダ変更料金とは

ドコモ光でプロバイダだけを変更する時は、以下のような手数料がかかるようになっています。

プロバイダの解約料金はもちろんですが、ドコモ自体にもプロバイダ変更の手数料を支払う必要があります。

ちなみに、単独タイプからのタイプAなどへの変更は手数料が無料となっております。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

ですが、ドコモ光が代理でやってくれるのはメインの部分のみで、オプションの解約や解約料の支払いなどは自分自身で行う必要があります。

ドコモ光へ連絡して変更する

プロバイダの基本仕様だけなのであれば、以下のようなステップによってプロバイダを変更できます。

ドコモ光のプロバイダ変更手順というのは、カスタマーセンターへ連絡してショップに行くという手順になります。

とはいっても、プロバイダを契約するときに追加のオプションなどを契約しているときは、自分でプロバイダに連絡しなければなりません。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダ変更にメリットはあるのか?

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

ドコモ光では、プロバイダのキャンペーンとさらに、以下のような公式キャンペーンを適用することができます。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモ光のセット割り

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

たとえば、家族3人暮らしで、全員がドコモのスマホを契約しているとしたら、次のような月額料金になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

工事費用が無料になる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンというものも実施しています。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規に契約して、申し込みから7ヶ月いないに利用を開始すると、2万円くらいの工事費が無料になる計算です。

ですが、NTTの回線を現在使用している人は、キャンペーンがなかったとしても工事費無料になります。

ドコモ光に関する疑問点

ドコモ光のプロバイダの選び方などについて解説してきましたが、ここではドコモ光のプロバイダ、ドコモ光についての疑問点などについてまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

ドコモ光の回線でゲームをやるときに最適なプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

通信速度の評判がよくて、v6プラスにも対応しているWi-Fiルーターを無償で提供しているGMOとくとくBBが一番おすすめです。

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

ちなみに、ドコモ光の公式サイトから移転の手続きをすることによって、ドコモのポイントがもらえるのでお得になります。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光でテレビを見ることはできますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

一般的な光電話をドコモ光に移し替えるには

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

契約したあとにプロバイダのみを変更することはできますか?

ドコモ光を契約したあとでも、プロバイダだけの変更はできます。カスタマーセンターから変更しましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

光回線の終端装置がある場合

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

フレッツ光やソフトバンク光やauひかりなどからドコモ光へ乗り換えるときに、光回線がすでに導入されていて、光コンセントが使える場合。

こういったパターンの場合には、既存の光ファイバーを活用して、すぐにでもドコモ光を開通させることが可能です。

工事作業員なしでドコモ光を工事する場合でも、2200円かかるのですが、微々たる工事費ですね。